merisis Powerクラウド

導入事例

東山株式会社様 クラウド化によるコストの適正化と運用負担の削減を実現
東山株式会社様

クラウド化によるコストの適正化と
運用負担の削減を実現

愛知県や岐阜県を中心として工場内物流業務やトラック輸送業務を事業展開している東山株式会社様。
大型トラックでの陸上貨物輸送以外にも、IoT先端技術を積極活用しお客様の工場内で物流を担う生産物流など、多様な物流ニーズへの事業を展開している同社・執行役 星野 邦晴様へAS/400をクラウド化した経緯と効果を伺いました。

課題 将来を見据え、以前購入したAS/400の保守期限と、社内の開発者のみでAS/400を運用していくこと、及び費用面に課題を感じていた。
解決策 AS/400のクラウド化に伴い、不要データの洗い出しや削除、その上でクラウド利用の最適なサイジングを行い、最適化を図った。
効果 クラウド化によるコストの最適化や柔軟なサイズアップやサイズダウンのメリット、運用面でも安定稼働が続けられ負担軽減につながった。

物流業界でのAS/400クラウド化にあたり

近年、自動車業界や物流業界は高いセキュリティが求められていますが、AS/400自体はもともとセキュリティも高く安定していました。
当社は1989年よりAS/400を利用しはじめました。その後は数年ごとに機械の買い替えを行っています。2015年にAS/400(Power8)を購入してから約7、8年が経過し、保守切れのタイミングで、今後は社内システムのオープン化対応を考え、AS/400データが大幅に増えることが無いと想定できたので、このままAS/400を新しく購入することよりも、コスト面や管理運用体制を考えてAS/400をクラウドに変えることを検討しました。
その際にイーネットソリューションズは「merisis Powerクラウド」としてクラウドサービスを提供していることを聞き、必要な内容の提案を頂き、当社からイーネットソリューションズへ課題や運用面について相談を致しました。

AS/400クラウド化を検討したポイント

当社としては利用していたモデルを継続利用することも検討しておりましたが、イーネットソリューションズからご提案を頂く中、

  • 今後も課題となる運用面を専門ベンダーとしてアドバイスを預けるメリット
  • 開発者育成を考えた場合は、オープン化することで若い開発者や、社外の開発者など、より多くの人が対応できるようになる

などの観点から、merisis Powerクラウドへの移行を進めることにしました。

移行にあたり、使っていない仕組みを減らし、使っている仕組みでも古いデータの洗い出しを行い削除し、データ容量の削減を行いました。
オンプレミスで利用している際は容量を気にせずに使用していたため、クラウド化にあたっては社内の技術者とともにデータ容量の精査やデータのルール付けなどを行いました。
また、当社のグループ会社もイーネットソリューションズとの実績はありましたのでmerisis Powerクラウドへ移管する際の不安はありませんでした。

作業風景

実際にmerisis Powerクラウドへクラウド化するにあたり、オンプレとクラウドを比較した際のパーフォーマンス(特にスピード)がどの程度変化が生じるかは課題の一つでした。
この点はクラウド移行時した際、データ処理が遅いときには柔軟に対応してもらい、また容量追加や削減にも素早く対応して頂き、最終的には一定期間の並行稼働を設け、パフォーマンスを確認しながら微調整を行えることも、当社の業務に支障をきたさない大きなポイントとなりました。

AS/400クラウド化後のmerisis Powerクラウド運用メリット

オンプレミスで稼働させている時と比較すると、コスト面や運用面での負担は軽減できています。 機材や電源周りの管理が無くなっただけでも運用面を考えると大きな負担軽減となりました。
また、AS/400のクラウドを提供しているイーネットソリューションズは少しの疑問や質問でも、直ぐに適切な返答をしてくれており、社内の開発者、引いては事業への影響も削減できています。
更にmerisis PowerクラウドはHDDがオールフラッシュですのでデータバックアップやシステム稼働にも効果を感じております。

merisis Powerクラウドの今後の活用とIT促進への展望

AS/400を利用されている企業にとって、今後、開発者が少なくなっていく課題があります。
それは当社も例外ではないため、イーネットソリューションズがデータセンターを事業展開されている専任ベンダーであることから、今後もmerisis Powerクラウドを活用していく予定です。
また、AS/400を使われている企業は今後の対策を検討し始めていると思いますが、当社はお客様へIT促進を行っておりますので、AS/400の今後を検討している当社のお客様に対しても紹介しながら、お客様とともに今後も最適な物流サービスを提供していきたいと考えております。

東山株式会社様

代表者 代表取締役社長 青木 均
事業内容 一般貨物自動車運送事業、構内物流請負業務(生産物流)、
システム開発・販売、人材派遣・人材紹介
Webサイト https://www.tozan.co.jp/

仕様や価格、導入方法など
お気軽にご相談ください。